オール・ユー・ニード・イズ・キル

月に一度の映画の日。

オール・ユー・ニード・イズ・キル・・・・・何度見ても覚えられないので
コピペしちゃいました(^_^;)

映画
言わずと知れた『トムクルーズ』さん主演の映画です。

いつ始まったんだんだぁ????と言う始まり方。
へなちょこ系の顔して出てきはります。

それが今日と昨日を行ったり来たりしはるあいだに
戦士になっていきはるんですわ。

記憶があってもいいけどさぁ・・・・・
昨日に戻りはるのに、今日の糧が積み重なるって・・・・・・

なんか・ちょっとずるいんちゃいますかぁ!!!!!


・・・と思って見とりました。


まぁ、それがないとおはなしがつづかんのやけどさ。


エンディングが長い!!!!!


せやけど、おもろい♪
単純なお話やねんよ(^_^)v


死ぬかと思った(-_-;)

すんげぇ~~~~~暑かった(-_-;)
午前4時半に窓を開けるも・・・・熱風(;_;)

午前中から室温もぐんぐん上がり、午後4時には
暑い
幾分湿度は低いモノの、気温が36度にこんだけ近づいたなんて・・・・・あつ。。。。。

無垢の杉板に身体を密着させて昼寝をしようと試みるも・・・・
空気が熱くて、熱風をまとっているようで、
このままじゃ、死ぬでなぁ・・・・・・と、扇風機をまわす。

わたくしには暑いが、
梅2
「梅」くんには、ナイスなんでしょうなぁ♪
今年はシソを入れないままでいたので、干した梅は赤くないのです。

今年は『松内さんちの梅』は、不作の年でなし(;_;)
梅干しなしの年でもかまわなかったんだけど、
期待している人がいるようなので・・・・・
天理の畑中さんちの梅を少しだけ買う(^_^;)
梅1
無農薬で無化学肥料。。。。
あばたは、しかたがない。

松内さんちのは、深窓のお姫様並みの立地なので、虫食いの被害もほとんどない。
残念だけど、しゃぁない・・・・・・

梅3
昨年は赤シソもなくって、困ったから、早くから怠慢もみシソを買い込む。
サンドイッチ状に梅とシソを重ねるように書いてあったので、そのようにしてみる♪

しかしながら、買った怠慢もみシソは、茎が付いたままで・・・・・
やっぱし我が手で細かい作業をしてこそなんやなぁ・・・・と
怠慢を反省する。

やる気がないのはそれでいいとしても(良くはないけど)
四季の歓びを放り投げるようなことは人生に対して申し訳ないで!と反省するm(_ _)m

今日は『反省』ばっかし してるじゃんか。。。。。




忘れんなよ( ̄^ ̄)ゞ



ひまわり

ちょっとしたきっかけでひまわりの種を頂くm(_ _)m

実のならないものにはあんまし興味がない。。。。
煎って食べられるかも・・・・・そんなことも考えたが、珍味に走らないかんほどのこともなく。

ミニひまわりともいっていたし・・・・・
犬除けに歩道との境目に埋めたのは4月の終わりのことでした。

それがね♪
ひまわり5


大輪の花を咲かせておりまする♪

ももの花は和むけど
ひまわりくんを見てると、元気が湧いてくる感じ(^_^)v

ひまわり4

同じ日に植えて同じように水まきしてるのに。
この違いは何なんでしょ??

ミニひまわりからでかいのまで♪

ひまわり2
そんでもって不思議は・・・・・あの黄色の花びらがどこから出てきはるのか?

この緑のが黄色に変わる??????

ひまわり1
いえいえ・・・・・

中からしずしずと出てきはりましたんです。
そんでどうやってあのよく見かけるひまわりになりはる?????

ひまわり3
いやぁ~~~~
驚きますんですが!
リーゼント風に立ち上がってきはりました!!!!

そんでもってどんどん増えていきはりますんですなぁ♪
ひまわり0

花を育てるのもいいもんやなぁ・・・・・・




もしかして、生まれて初めて花を愛でちゃったかも(^_^;)

【お茶挽き香房】

お茶っ葉を粉末にしてくれます。
【粉末茶で冷茶♪】栄養まるごと、美味しい一杯!【お茶挽き香房】
それも♪ 超!!微細。。。。らしい。
当たってから確認します。
お茶挽き香房

提供してくれはるのは・・・アーネスト株式会社さん。

友達がこういうのを持っていはって、それでお茶を点ててくれたんですが、
とっても美味しくって♪

買えばいいじゃん!!!!!

イヤイヤ・・それはネ♪

微細にしちゃえば、お茶でお出汁みたいにできちゃうかもしれんよねぇ。
夏の冷やしお澄ましはお茶で♪

6月に読んだ本

6月に読んだ本
中頃までどっぷり浸かっていたのに・・・・
急に文字を追えなくなって・・・・・・・(-_-;)
見えなくなったとか言うんではないんですよ。
全く気持ちが乗らないし本を取ることもしない。

読みかけの本が、これ以外に5冊ほどもありました。
せっかくの予約で、待ちに待った本やったのになぁ。。。。

この気まぐれ感は何なんだろう?????



恍惚の人 (新潮文庫)
有吉佐和子
読了日:06月03日
評価4
45までは「老い」が楽しみであった。
その時の「老い」は役者が演じる中身は若いけど・・・・って言うモノであったから。
いろんな現実を見ることになって先延ばしにしていたこの本を手に取る
。考えたって思い通りになることはないんだろうけど、考えておかんきゃ!
55,明日のことかもしれない。

地下鉄に乗って (講談社文庫)
浅田次郎
読了日:06月12日
評価3
自分のことは自分には見えない???
わかっていてもそうなっちゃうんかしらねぇ。そんなふうにしちゃうのかも。
どこからでも変わっていける・・・忘れないようにする♪
「宿命」と重なるような出来事もあって、そういう選択はないようにも思ったし、
浅田さんのこう云うところは他のにもあったなぁ。

夫は泥棒、妻は刑事4 盗みに追いつく泥棒なし<新装版> ((徳間文庫))
赤川次郎
読了日:06月12日
軽く読むつもりでいたのに、なんかしんどかったなぁ。。。
自分の方に理由があるので決してこの夫婦のせいではないです。

法王庁(ヴァティカン)殺人事件
塩野七生
読了日:06月15日
評価3
殺人事件がいつ起こるの???と半分来た頃に思いましたんですが・・・・・98%で起こりました。
在りし日のローマとかあそこら辺の人々なんかが想像できて良かった本でした。


プロフィール

つれづれなるままヨ

Author:つれづれなるままヨ
序文に惹かれて○十年。
でも最近ふと思う。
徒然草って、枕草子とどう違う?
やっぱ清少納言になろうかしら?!

最近の記事

わたしの本棚

お気に入り

ブログでお小遣い 無料サンプルも 

無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ブログ村に参加しています

最近のトラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ