米鶴

高島屋の日本酒祭りに出かけた♪
今回で2回目、まだまだ始まったばかしのごちゃごちゃした祭り会場であった。
DSC03408.jpg
50もブースがあるようには思えんだが・・・・
書いてあるんやし、そうだったんやろう。

試飲のコップの大きさもブースによってまちまちで。
いろんなことを話してくれる人、恥ずかしそうにしている人、
・・・・話聞きたいねんけど・・・・・・

「輪島塗と日本酒」とか言うお話を聞くための切符を一枚だけもらえたので、
私が代表して椅子に腰掛けて聞く♪
椅子の人には、輪島塗のおちょこで試飲付き♪
オットは、立ち見?!なので試飲もなし。

輪島塗は、台となる木に珪藻土を巻き付けて?から漆を塗るんだとかで、
保温機能が抜群。みたいなお話だった気がする。

当然のごとく百貨店の特設会場には、輪島塗が出ていて、
ちょっと「0」が二つ三つ間違ってやいませんか?!と言うようなお汁湾とか重箱とか・・・
ぐい飲みみたいなのがありました。

自分の懐からでるお金じゃなかったら、研究材料やらで買えたかな?
考察目的!
3、000円の汁椀で飲むお味噌汁と
80、000円の器で頂くお汁の違い。


たくさん無料の試飲をしましたが、
お金を払っても試飲しました♪
いろんな出店もあってね、買い食いが出来るの♪
DSC03411.jpg
揚げたてのふぐと小魚(名前は忘れた)の唐揚げ

甘いお店もありました♪
DSC03410.jpg
1杯、800円だったかの秋田やったか岩手やったかのお酒を呑みました。
北海道のお酒で、1杯3000円もするようなのがあって、
えぇ~~~~~~~!!!!!!
とか思いつつも、やめた。

せこい根性で、無料の試飲をするべくそのブースに行ったが、
流石にそのお酒の試飲はしていなかったし(-_-;)

そりゃなぁ・・・・・・

その隣の山形からのお店で、
日本酒には山田錦という種類のお米が使われることが多いんだけど、
「亀の尾」という扱いにくいお米で造ったお酒の紹介を受け、
試飲したら、すっごく呑みやすくって、
DSC03415.jpg
酔いが回っていた精なのかどうか・・・・
DSC03416.jpg
2本も買ってしまった。



さて、50ブースあったらしいうちで、いくつのブースで試飲したでしょうか?

ちゃんと記録ができるようなメモとかあったらよかったのになぁ。

5つぐらいまでは、確たる記憶があるんやけど、
それ以降は、何がなにやらわからんようになってしまって、
疲れてきた頃に当たった米鶴さんで大盤振る舞いをした。

そのような結果やねぇ。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つれづれなるままヨ

Author:つれづれなるままヨ
序文に惹かれて○十年。
でも最近ふと思う。
徒然草って、枕草子とどう違う?
やっぱ清少納言になろうかしら?!

最近の記事

わたしの本棚

お気に入り

ブログでお小遣い 無料サンプルも 

無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ブログ村に参加しています

最近のトラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ