ふたりで遠足♪その3最終日は松江

最終日も梅雨であるのに、おっ天気♪
早寝早起き、朝風呂♪ のあとの朝ご飯。

DSC05124.jpg 
すっごい大きなおみそ汁椀に、シジミのお味噌汁がたっぷり(^_^;)
食べるに困るようなお献立でもないのですが、
3日目ともなると疲れて来ちゃって、
箸の重いこと・・・
口の動かんこと・・・・・

なんとか、そこそこで[ごちそうさま]

旅行者からのお仕着せ切符は、玉造2時頃のやくもなんですが、
そこまでいられるはずもナシ(^_^;)

朝の早い電車で、いざ! 松江へ♪
国宝に返り咲きはった松江城を見に行きました♪

駅から松江城まではそこそこの距離があるようですので、
DSC05182.jpg 
1日乗り放題、いろんなところに駐車してくれはる
レイクライン 1日乗車券¥500 を買いました♪
DSC05181.jpg 
まずは、お城のそばまで行って、
船に乗って[堀川めぐり]です。
DSC05184.jpg 
こちらも3カ所乗船所がありまして、乗り放題でございます。

↓の石垣は創建当時の江戸時代の物らしく、400年ほど経ってはるとか・・・
周りの木々も手を加えられることなく、なんだそうで。
鬱蒼としてはって、400歳。
DSC05127.jpg 

1つめの乗船所で下船。
ここの近くに小泉八雲館があります。

船着き場から小泉八雲館へ行こうとすると、
あれぇ~~~~、地ビール館がありまして♪
・・・・・でもねぇ。
取りあえず、あっちの館の方へ(^^)/~~~
DSC05132.jpg 
構えは、このようですが、中は近代的な博物館でございまして。
小泉さんの思い出の品や生い立ち経歴なんぞが、
学習できるようになっておりました。

「みみなしほういち」や[雪女]などの怖いお話を書いた人です。
日本語で書きはった原稿なんかがあるんやろか?
それを見たくて、ワクワクして行ったんですが、
几帳面な?横文字の物ばかしでした。
奥さんがつくらはったカタカナで書かれた単語メモみたいなのがありました。
この館の隣には、住んではった家が見学できるようになってましたが、
速やかにパスして、あっちの館へ急ぎました(^_^;)
殿カップ¥500と姫カップ¥300
それぞれでチョイスして、咽を潤しました♪

堀川めぐりは ↓のような船でございまして、
ここからは、運良く?オットとふたりだけの貸し切り船となりました。
DSC05130.jpg
料金表を見ますると、
なんと!! カップル船は、5140円
貸し切りともなりますと、12340円

DSC05139.jpg 
お堀には、橋が架かっておりますわけで、
橋桁が低いときは、
船の天井が、ペチャッと下がっています。
↑は、最大の難所で、いつ通り抜けんねん(-_-;)
と言うぐらいへばっておりました。
DSC05140.jpg 
まぁ、それはそれなりに楽しかったです♪

橋桁の高いコンクリート橋の下では、
おじさんが橋が作るエコーを利かせた安来節を聞かせてくれました。

ココカラという次の船着き場で、下船♪
日本銀行だったときの建物をそのまま利用した[ココカラ館]を見学。
・・・地下の金庫室を見てきました。

松江は、ぜんざい発祥の地だそうで、
折角なので頂いて参りました。
ココカラ館近くの橋のたもとにあった和菓子屋さんで、
わらび餅も店の床几に腰掛けて、面倒をおかけして頂いて参りました。


DSC05183.jpg 

再び乗船して、最初の船着き場へ。
お城へ行きます。

国宝へ返り咲きはったわけで、
恐れ多くも国宝ではありますが、
ちっさ(^_^;)
DSC05152.jpg 
どっしりとしたいいお城でございます。

天守閣やしなぁ。

どっちかと言えば、本丸とかを置いといてほしい。
今読んでる大黒屋惣兵衛に出てくるお城の様子を実感したかったΣ(゜д゜

・・・と、のんびり廻っているうちに
そうそうのんびりもしていられない時間になり、
DSC05182.jpg 
一方向にしか廻らないレイクラインに乗って、
そこまで時間も切迫していないやら、
折角やから宍道湖も見ていこうなどという理由で
わざわざ遠回りして駅へ戻る。
宍道湖が見えてきた頃には、すっかり寝込んでしまっていました。

帰りも「こだま」で、
往路以上の7分や20分のひかり待ちやのぞみ待ち(-_-;)
DSC05162.jpg 
姫路駅で見えた[姫路城]

キャリーバッグにぎっしり詰めたお酒とジュース♪
DSC05167.jpg 

お土産のオン!パレード
DSC05168.jpg 
締めて、12万円の旅(^_^;)


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つれづれなるままヨ

Author:つれづれなるままヨ
序文に惹かれて○十年。
でも最近ふと思う。
徒然草って、枕草子とどう違う?
やっぱ清少納言になろうかしら?!

最近の記事

わたしの本棚

お気に入り

ブログでお小遣い 無料サンプルも 

無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ブログ村に参加しています

最近のトラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ