FC2ブログ

東京物語

今日のつれづれ・・・「東京物語」を読んだ♪

作:奥田英朗
東京物語

本の内容・・・
1978年4月。
18歳の久雄は、エリック・クラプトンもトム・ウェイツも素通りする退屈な町を飛び出し、上京する。
キャンディーズ解散、ジョン・レノン殺害、幻の名古屋オリンピック、ベルリンの壁崩壊…。
バブル景気に向かう時代の波にもまれ、戸惑いながらも少しずつ大人になっていく久雄。
80年代の東京を舞台に、誰もが通り過ぎてきた「あの頃」を鮮やかに描きだす、まぶしい青春グラフィティ。

上手いこと書くなぁ・・・・
確かにそんなお話でしたけど・・・
ありそうな日常を、つらつら書き綴っただけのような感じなんですよ。

小説って、そう言うもんやって、今更のように気が付かされて本であります。

こころとかそれからって、なさそうな話やんか・・・
そんなこと思ってましたけど、あのときにはそうでもなかったんやろうねぇ。。

「退屈な町」としての認識なんて、そんなこと思うんやろうか。
退屈ではないところにおったから???

どこにでも波瀾万丈があったら、面白くもないような気がするけど、
「波」なんて数え切れんようなほどの変化を見せるんやから、
何でもありやんよなぁ。




つまらんお話やったのに。





関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

つれづれなるままヨ

Author:つれづれなるままヨ
序文に惹かれて○十年。
でも最近ふと思う。
徒然草って、枕草子とどう違う?
やっぱ清少納言になろうかしら?!

最近の記事

わたしの本棚

お気に入り

ブログ村に参加しています

最近のトラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ