沙高楼奇譚

今日のつれづれ・・・「沙高楼奇譚」を読んだ
作:浅田次郎

砂高楼
図書館で出会った本でございます。
浅田次郎は、いろいろと出会っておりますが
これまでとはちょっとちがう???!!!!

イヤ、まぁ、いろんな本があったことをずんずん思い出してきました。

題名の如くいろんな変わったお話しが集まってる本でございます。
集まってどうなんねん・・・と思っておりましたがどうもならんでおしまいにならはりました(▼▼)

それぞれのお話は面白かったので、
どうぞ手に取ってみて下さい♪



関連記事

トラックバック

コメント

Re: タイトルなし
> 浅田次郎は「鉄道員」しか読んでないです。
いろいろと面白いのがありますよ。
取っつきは悪いけど、蒼穹の昴。
ちょっと古いけど、プリズンホテル。
憑き神もいいよ♪

> 短編なら家事の合間にちょっとおひとつ、と気軽に読めそうですね^^
読書の合間に家事してる日もある(^^ゞ
専業主婦の特権という奴です。
  • 2012-08-30│17:30 |
  • つれづれなるままヨ URL│
  • [edit]
浅田次郎は「鉄道員」しか読んでないです。
短編なら家事の合間にちょっとおひとつ、と気軽に読めそうですね^^
  • 2012-08-29│22:21 |
  • おかっぱたこ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

つれづれなるままヨ

Author:つれづれなるままヨ
序文に惹かれて○十年。
でも最近ふと思う。
徒然草って、枕草子とどう違う?
やっぱ清少納言になろうかしら?!

最近の記事

わたしの本棚

お気に入り

ブログでお小遣い 無料サンプルも 

無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ブログ村に参加しています

最近のトラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ